留学経験は私の一生の宝物

留学をしたのは、自分自身の語学の勉強のためでした。実際に、日本で勉強して知識はあっても、現地の人のしゃべる言葉は、最初は半分も聞き取ることができませんでした。それだけ、聞き取ることは難しかったのです。だから、留学をした意味は本当にありました。また、語学だけではなく、他の国の人や環境に触れたいというのも留学の目的の一つでした。よく、海外へ行った人は「価値観が変わる」と言いますが、それを自分の目で確かめたかったのです。私は、ホームスティ先の家族に恵まれ、本当にすてきな出会いをしました。そこでオーストラリアの文化や、オーストラリア人のいろいろな考え方や性格などに触れ、自分がいかに小さな人間だったかということがわかりました。そのものの見方や考え方は、私の今後の人生に大きく影響しました。私は目的を果たすことができ、行ったかいがありました。留学はお金もかかるので、きちんと目的をもって、また果たして帰ってくることが大事だと思います。